長野県の峠で行方がわからなくなっていた66歳の女性が、22日午前に、無事見つかった。

66歳の女性は21日、「タカを見に行く」と言って、長野・松本市の白樺峠に出かけたまま、行方がわからなくなっていた。

この峠は、ワシやタカなどが冬を前に南に渡る様子を観察できる場所として知られていて、駐車場には、女性の車が止められていた。

早朝から始まった40人態勢の捜索の結果、午前10時半ごろ、女性は麓で無事見つかったという。

自分で山を下りたとみられ、警察が、くわしい経緯を調べている。