9月21日、東京・足立区で、ベビーカーに乗った1歳の赤ちゃんを連れ去ろうとした男が現行犯逮捕されました。めざまし8は、事件直前の現場付近を捉えた防犯カメラ映像を入手するとともに、最初に助けに入った女性から話を聞くことができました。

赤ちゃん“連れ去り”事件直前…防犯カメラ映像には何が

この記事の画像(13枚)

21日午前11時半前、東京・足立区の歩道で、ベビーカーに乗った赤ちゃんを連れ去ろうとした男が、未成年者略取未遂の現行犯で逮捕されました。男は「自分の子供が欲しかった」と供述しているといいます。

白昼堂々、ベビーカーを押す母親の目の前で、赤ちゃんを連れ去ろうとした事件。現場は足立区にある東武伊勢崎線の竹ノ塚駅から、直線で約240メートル離れた交差点の路上でした。

防犯カメラ映像を見てみると、事件が起きる直前、グレーのTシャツにグレーの短パン姿の、容疑者とみられる男が歩いてきます。

そしてその約30秒後に、ベビーカーを押す女性の姿が。

別の防犯カメラ映像には、その後、歩道を歩いていく男の姿が映っています。事件現場となる、画面奥の交差点方向に向かっています。

約30秒後、同じ方向に歩いて行く、ベビーカーを押す女性が確認できます。まだこの時は、男とは数十メートルの距離があります。
しかし、交差点にたどり着くと、何やら動きが…。この時、事件は起きました。

「無我夢中で」助けに走った女性 “護身術”を駆使

防犯カメラには、現場に最初に助けに入った女性の姿も捉えられていました。
交差点奥の横断歩道をよく見ると、同じくベビーカーを押して渡る、別の女性の姿が。この後、この女性は走って引き返し、助けに入ったのです。
めざまし8はこの女性から、話を聞くことができました。

最初に助けに入った女性:
とにかく無我夢中で助けに向かいました。横断歩道の真ん中あたりまで来たところで、女性の「助けて!」っていう叫び声が複数回聞こえて。最初は夫婦げんかかと思ったんですけど、叫び声が聞こえていたので、自分のベビーカーを押して、現場まで走って引き返しました

助けに入った女性は、横断歩道を半分まで渡っていたところで、交差点の美容院の前で、男性がベビーカーに覆い被さっているのを発見したということです。

女性が目撃したのは、ベビーカーの赤ちゃんを奪おうとする男と、赤ちゃんを守ろうとする母親。赤ちゃんはベビーカーのベルトを締めていたため、男がすぐに赤ちゃんを抱きかかえることは防げたものの、母親が赤ちゃんに覆い被さって連れ去られるのをなんとか防いでいる状態でした。そこに女性は、無我夢中で助けに入ったといいます。

最初に助けに入った女性:
護身術の知識があったので、それを駆使したんです。男をベビーカーから引き剥がして、取り押さえることができました

護身術の知識があったという女性は、男をベビーカーから引き剥がしましたが、自分の体重だけでは長く男を押さえておくことは困難と判断し、助けを求めたといいます。

最初に助けに入った女性:
美容室の男性客と、たまたま自転車に乗って通りかかった黒い服を着た男性の2人が、私に替わって男を取り押さえてくれました

防犯カメラにも、自転車に乗った黒い服の男性が、自転車を止めて走り出す様子が映っています。
この後、駆けつけた警察官によって現行犯逮捕された男。赤ちゃんに、けがはありませんでした。

男は自称・足立区に住む40代で、親子と面識はないといい、警視庁は精神的なトラブルを抱えているとみて慎重に捜査しています。

突然、ベビーカーに乗せた赤ちゃんを奪おうとした事件に、母親たちは…

小さな子供をもつ母親:
そんなに力を入れてベビーカーを押しているわけじゃないので、急にわあ!って体当たりされたり、引っ張られたら、手をぎゅってつかめないと思うんですよね

小さな子供をもつ母親:
見ておくしかないのかな。ベビーカーをちょっと止めて移動とかも、危ないのかなと思います

(めざまし8 9月22日放送)