安倍元首相の国葬が近づく中で、旧統一教会は正体を隠した信者勧誘や、高額な献金による信者の経済的困窮に対する批判の高まりを受け、今後の対応について記者会見を行う。

教団は勅使河原秀行氏を本部長とする「教会改革推進本部」を設置し、正体隠しや高額献金について職員や信者への指導を徹底するとし、被害を訴える人からの返金請求にも誠意を尽くして対応するとしている。

また全世界の宣教活動への支援については予算全体を減額して国内の支援活動を拡充するなどとしている。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。