覚せい剤事件で逮捕・起訴された、元アイドルの田中聖被告(36)の初公判が、午前11時から、千葉地裁松戸支部で開かれた。罪状認否で、田中被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

田中被告は、6月29日、千葉県柏市の柏駅で覚醒剤を所持していたところを現行犯逮捕された。パトロール中の警察官に対して、目をそらすなど不審な態度をとったことから、職務質問を受けたところ、覚醒剤が見つかったという。

さらに、尿鑑定の結果、覚醒剤の陽性反応が出たため、覚醒剤使用の疑いで再逮捕された。田中被告は、覚醒剤とともに、使用済みの吸引器具(ガラスパイプ)も持っていたという。千葉地検松戸支部は、田中被告を、覚醒剤所持・使用の罪で起訴。柏市内には、田中被告の実家があるという。

捜査段階で、田中被告は、「自分で使うために持っていた」などと事実関係を認めていた他、覚醒剤を使っていた動機については、「将来の不安を紛らわせるためだった」と話していたという。この事件で、田中被告は、3度目の請求で、保釈が認められていた。薬物治療が条件とされ、保釈保証金は600万円だった。

田中被告をめぐっては、今年1月、名古屋市のホテルで覚醒剤を所持するなどして逮捕・起訴され、6月20日、名古屋地裁で、懲役1年8カ月・執行猶予3年の判決を受けたばかりだった。法廷で、「2度とこんなことがないよう自分を見つめ直す」と反省の言葉を述べたにもかかわらず、判決から、わずか9日後に、また薬物事件で逮捕されたことになる。

きょうの初公判でも、検察側は、冒頭陳述で、この点に言及し、「名古屋地裁での判決の後、再び覚せい剤を使用したい欲求にかられて、使用を繰り返した」と指摘。判決2日後の22日から使用を始め、その後、2~3回、覚せい剤を使用したという。

また法廷では、田中容疑者の供述調書の内容も明らかにされ、覚せい剤は、1年前から、1カ月に5~6回使用していた他、大麻については5年以上前から手を染めていて、他の薬物の使用歴もあるという。(画像は、千葉地裁松戸支部に入る田中聖被告・午前10時半ごろ)