東京・足立区の路上で、ベビーカーの中から、赤ちゃんを連れ去ろうとした男が現行犯逮捕された。男は「自分の子どもが欲しかった」などと供述をしているが、意味不明な話もしていて、警視庁竹の塚署が、事件の経緯を慎重に調べている。

赤ちゃんを連れ去られようとして取り押さえられた男(東京・足立区 視聴者撮影)
赤ちゃんを連れ去られようとして取り押さえられた男(東京・足立区 視聴者撮影)
この記事の画像(10枚)

午前11時半ごろ、足立区伊興で、女性から「女性(母親)が助けてくださいと言っている」と110番通報があった。竹の塚署によると、母親がベビーカーを押して、歩道を歩いていたところ、突然、男が、前に回ってきて、ベビーカーの中から、赤ちゃんを連れ去ろうとしたという。

しかし、赤ちゃんがベルトを締めていたため、男は、赤ちゃんを抱きかかえることができず。そこへ、母親が、赤ちゃんを守ろうと覆いかぶさったという。結局、男は、近くにいた男性2人に取り押さえられ、未成年者略取未遂の現行犯で逮捕された。

赤ちゃんが連れ去られようとした現場(午後3時半ごろ 東京・足立区)
赤ちゃんが連れ去られようとした現場(午後3時半ごろ 東京・足立区)
男は「自分の子どもが欲しかった」などと供述している(視聴者撮影)
男は「自分の子どもが欲しかった」などと供述している(視聴者撮影)

赤ちゃんは1歳の男の子で、母親とともにケガはなかった。逮捕された男は、自称・足立区在住の40代で、赤ちゃんの母親など家族とは面識はないという。また、男が、どこから来たのかは分かっていない。

調べに対して男は、容疑を認めた上で、「自分の子どもが欲しかった」などと供述している。一方で、意味不明な内容の話をしていることなどから、竹の塚署が、事件の経緯を慎重に調べている。

男が意味不明な内容の話をしていることなどから、竹の塚署が、事件の経緯を慎重に調べている。
男が意味不明な内容の話をしていることなどから、竹の塚署が、事件の経緯を慎重に調べている。