商品企画担当:カウネット商品企画部 青井


フリーアドレスやテレワークの拡大に伴い、ノートPCやファイルなど業務に必要な備品をまとめて持ち運べるバッグの需要が拡大しております。

カウネットはオフィス内の移動用バッグとして「ミーティングバッグ」を2014年に発売して以来、働き方の変化に合わせて様々な種類の「ミーティングバッグ」を展開してきました。

シリーズ累計販売は30万個を突破するなど多くのワーカーから支持をいただいております。


2022年7月には待望の新作「ノートPCスタンドにもなるミーティングバッグ」「机上台にもなるミーティングバッグ」の2アイテムを発売。「ノートPC作業をしていると肩が凝る」「フリーアドレスで仕事をする際に作業スペースが狭い」…フリーアドレスやテレワーク、在宅ワークといった新しい働き方のなかで浮上した、今どきな “お困りごと“ を解消するべく、ミーティングバッグのバリエーションに加わった新商品の企画背景を商品企画担当が自ら紹介します。


(写真左)ノートPCスタンドにもなるミーティングバッグ:ノートPCやファイルなどオフィスで必要なものをまとめて持ち運べるバッグでありながらノートPCの下に敷いてノートPCスタンドとしても活用できるバッグ

 (写真右)机上台にもなるミーティングバッグ:ノートPCの下に敷いて机上台としても活用できるバッグ

社内観察からわかった職場の “お困りごと“ と、それを回避する一風変わった働き方モデルとは?

コロナ禍でフリーアドレス・テレワーク・在宅ワークの普及が加速し、いまやノートPCは仕事だけでなくコミュニケーション・Web会議などにも必須の時代です。場所を変えて働く人が増えている現状を踏まえ、ノートPCありきの新しい働き方に対応するアイテムを作りたいと常々考えていました。

そんな中オフィス内で働く社員を観察していたところ、自社内で少し変わったデスクワークをしている人々に遭遇し、新しいワークスタイルの兆しに気づきました。

それはファイルボックスやバッグの上にノートPCをおいて仕事をしている社員の様子でした。

ファイルボックスをパソコンの下に敷いて仕事をしている社員の様子


このスタイルで働いている人々にヒアリングをすると、「ノートPCの位置が低くて肩が凝る、姿勢が悪くなる」「作業スペースが少ない」といった “お困りごと“ があること。それを回避するために、ノートPCをファイルボックスやミーティングバッグの上に載せていることがわかりました。

姿勢や作業スペースに関する “お困りごと“ を解決するために、ファイルボックスやミーティングバッグをノートPCスタンドにアレンジし、簡易引き出しとしても活用する働き方から商品企画の着想を得ました。


そこから試しに自分自身で、ファイルボックスの上にノートPCを載せて作業してみたところ、確かに目線が上がり背筋は伸びるが、タイピングする際にひじが浮いて長時間の打ち込みはしんどい。そこで、ファイルボックスの一面を斜めにつぶしたノートPCスタンドの簡易プロトタイプを作り、同じように試してみると、随分タイピングしやすい! 目線が上がり背筋が伸び、姿勢がよくなることを実感しました。


個人ロッカーや保管ロッカーに収まるおなじみのファイルボックスがノートPCスタンドになり、さらに取っ手をつけて持ち運べるミーティングバッグにできれば、移動を前提とする新しい働き方の中で使いやすいはず。ノートPC必須の時代だからこその、Newスタンダードとなるミーティングバッグとして提案したいと考えました。


企画者が実際にファイルボックスを潰して試したプロトタイプ

具体的な仕様の確定からニーズの裏付けまで、アンケートをとことん活用!

ニーズと仕様の確定についてはカウネットが運営しているコミュニティサイト「カウネットモニカ」のアンケートをもとに検討していきました。77.1%の方が、在宅勤務中に使用する仕事道具は「ファイルボックス1〜2個分程度」保管していると回答されたアンケート結果を基に商品サイズを決めました。さらに、新しい働き方によって「肩や首、腰への負担を感じている」人が半数以上いること、それを回避するために「ノートPCスタンドを使用中または欲しい」人が64.2%いることが判明。




ニーズの裏付けのため、カウネットモニカで追加のアンケート調査を敢行した結果、「ノートPCスタンドとしても使えるミーティングバッグを職場で使用したい」フリーアドレスユーザーは69.2%にものぼり、さらに固定席で「使用したい」という声も多いことがわかりました。

使用したい理由としては、「スペース効率のよさ」「ノートPCスタンドとミーティングバッグ両方の機能を使える」「準備、片付けが簡単そう」など、想定していた内容とほぼ一致し、ありそうでなかったこの商品のニーズを確信しました。


さらにヒアリングをかけると「Web会議が増え、ノートPCをモニターとして使い、打ち込む作業自体は少ないので、箱型の机上台も欲しい」「外付けキーボードを使用するので、机上台の方が良い」という意見も。それらを踏まえ、働き方のスタイルに応じて選べるように、机上台タイプも同時に商品化することに決定しました。



カウネットのミーティングバッグシリーズは使用シーンに合わせて15種類のバリエーション展開

こうして誕生した「ノートPC机上台にもなるミーティングバッグ」「机上台にもなるミーティングバッグ」の2アイテムはオフィスツールの持ち運びに加え、机上でも活用できる機能を備えた新しいコンセプトのバッグとしてオフイスワーカーのみならず在宅ワーカーにも幅広く愛用いただいております。


これら2アイテムを含めカウネットはワーカーの使用シーンに合わせて15種類のミーティングバッグを展開しております。これからもワーカーに選ばれ続けるミーティングバッグで有り続けるために、ワーカーのニーズを取り入れながら進化を続けて参ります。


「ノートPCスタンドにもなるミーティングバッグ」商品ページ:

https://www.kaunet.com/rakuraku/variation/00049813/

「机上台にもなるミーティングバッグ」商品ページ:

https://www.kaunet.com/rakuraku/variation/00049814/




行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。