急速に円安が進む中、日銀は、21日から2日間にわたって金融政策を決める会合を開催。

黒田総裁は、これまで、景気を支えるため、金利を低く抑える金融緩和を続ける姿勢を繰り返し強調している。

今回の会合では、円安による経済や物価への影響を強く意識した議論が行われるとみられるが、金融緩和路線は維持されるとの見方が強まっている。

一方、日本時間の22日未明には、アメリカの中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)が大幅な利上げを決める見込みで、日銀が金融緩和を続ければ、日米の金利差が広がり、円安がいっそう進む可能性が強まる。

黒田総裁が、会合のあとの22日の会見で、円安の影響や金融政策の見通しについて、どう説明するかが注目される。