熊本県内のホテルで17歳の女子高生にみだらな行為をした県少年保護育成条例違反の疑いで福岡大学薬学部助教の坂口洋平容疑者(37)が逮捕されました。
警察によりますと、坂口容疑者はことし6月、熊本県北部のホテルで17歳の女子高生とみだらな行為をした疑いです。
ことし7月、被害者が通う高校からの通報で発覚。
2人はSNSを通して知り合ったということで、調べに対し坂口容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。
福岡大学は「事実確認を行い厳正に対処したい」とコメントしています。