北海道旭川市で9月20日夜、男性の首などをナイフで刺したとして、市内に住む56歳の男が逮捕された事件で、刺されて死亡した男性の近くで、男性の妻も刺されていたことがわかりました。

 付近の住民:「人が倒れていて心肺蘇生をされていて、まったく動かない状況。血まみれで倒れていました」

 殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、旭川市末広の自称・無職、川口和人容疑者(56)です。

 警察によりますと、川口容疑者は20日午後6時15分ごろ、旭川市末広3条7丁目で、近所に住む金沢孝雄さん(32)の首などを折りたたみナイフで数回刺すなどしたとして、警察官に逮捕されました。

 金沢さんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

 金沢さんと川口容疑者は、直前にトラブルとなり、金沢さんと妻が川口容疑者の自宅を訪ねたところ、事件が起きたとみられています。

 金沢さんは、玄関前で刺されて家の前の車道で倒れ、妻はそこから離れて近くの人に助けを求め避難したということです。

 妻も背中などを複数か所刺されていますが、命に別条はないということです。

 調べに対し、川口容疑者は2人を刺したことを認めているということです。

 調べに対し、川口容疑者は2人を刺したことを認めているということです。

 両者は、面識はないということです。

 警察は、容疑を殺人に切り替えて捜査する方針です。