沖縄のパイナップル畑から生まれたジーンズとは。

カモメロゴのペンキスティッチが特徴のEVISUジーンズ。

製品表示のタグには、「パイナップル」の文字が。

いったいどういうことなのか、その秘密は沖縄にあった。

パイナップルの一大産地、沖縄県北部にある東村。

道の駅に入ると、至る所にさまざまな品種のパイナップルが置かれている。

そんな中、「Live News α」が注目したのは、収穫が終わったばかりのパイナップル畑。

これまで価値のないものとされていた、果実のついていない残された株が一変、“有望株”になっているという。

フードリボン・平良香織常務「本来であれば使わない部分。今まで残されて使われなかったところを、利用させてもらっている」

沖縄発のスタートアップが開発したのは、繊維質が多いパイナップルの葉っぱから、効率的で高品質な天然繊維を抽出する技術。

この天然繊維は衣料に適しているといい、“ファーマーズテキスタイル”と名付けられ、アパレル企業に販売されている。

EVISUジーンズではデニム生地の横糸に、コットンとパイナップルの繊維を混紡した糸を使用。

吸水性や発散性が高く、さらっとした肌触りが特徴だという。

フードリボン・平良香織常務「(葉っぱ)の重量に応じて、ダイレクトにその場で農家さんに支払う仕組みにしていきたい。最終消費者に、どこの地域のどの農家さんが作った葉っぱから洋服ができているか、きちんとトレーサビリティーがとれるのも、新しい価値につながるのではないか」

農家の所得向上にもつながる、“どこも捨てるところがない”沖縄のパイナップル。

沖縄美ら島ファーム・宮里政智専務「(葉っぱが)ある程度利用が広がって、売り上げが伸びれば、生産性を上げるために雇用、人を増やすなり機械の大型化ができる」

そしてこのアパレル製品は使用後には土に返し、その土を使った有機農業を行うという循環型ビジネスを目指している。

フードリボン・宇田悦子代表「(天然繊維産業の創出で)新しい沖縄のブランドを、日本・世界に向け発信していくことができる。(産地や課題が共通する)東南アジアと連携し、原材料をしっかり供給できる状態にして、ヨーロッパやアメリカに繊維製品を出していくような拡大をしていくことで、(雇用拡大・所得向上などの)課題解決に結びつけていきたい」