台湾有事などを想定し政府が避難シェルターの整備を検討している報道を受け、反戦平和を訴える市民団体が「避難シェルターは戦争に与することに繋がる」と批判しています。

会見した「ノーモア沖縄戦命どぅ宝の会」は、政府が検討する先島諸島などへの住民用避難シェルターの整備について、「有事で沖縄が戦場となることを前提としたもの」と抗議し、県民は反対の声を上げなければならないと訴えました。

▽ノーモア沖縄戦命どぅ宝の会山城博治共同代表:
「避難シェルターとする戦争を前提とする避難訓練は戦争に与すること、県民を戦争に動員することだ」

市民団体は21日、反対の世論を喚起するため県庁前で緊急集会を開くことにしています。

玉城知事は今月16日の会見で、「冷静かつ丁寧な互いの意思疎通を図り有事にならない取り組みを重ねることが重要」と述べ、国の検討状況を注視する考えを示しています。