9月8日、大阪市浪速区で撮影されたドライブレコーダー映像。

この記事の画像(11枚)

見知らぬ男がいきなり“跳び蹴り”

交差点の信号が赤になり停車していると突然、鈍い衝撃音と共に揺れる車体、何があったのか。

後方に向けられたカメラがその瞬間をとらえていた。

車が止まると、画面奥の交差点に男が現れる。

スマホを耳に当てたまま車に駆け寄り、いきなり跳び蹴りをしてきたのだ。

さらに、跳ね返された男はよろめきながら後退。すると今度は、運転席側に回り、もう一度キック。ボンネットにも蹴りを入れて立ち去っていった。

突然の出来事に車内は混乱していた。

同乗者:
何?意味がわからん。やばいやつがおるな。何あれ?

運転手:
わからん。

この行為の直前、車は男が現れた交差点を左折していた。しかし、このときは交差点付近に男の姿はなく、車との接点は見当たらない。

修理費は約25万円 運転手「理由が知りたい」

男が何を理由に車を蹴ったのかが分からず、運転していた男性は困惑を隠せない。

運転手:
その男性の方に対して歩行者妨害とか何かをしているんだったらまぁまぁちょっとだけは納得できますけど、そういうのも認識上は全くないので。

蹴られた車は、ボンネットやドア部分がへこみ、後ろのワイパーは折れてしまった。修理には合わせて約25万円かかるという。

跳び蹴りでへこんだドアやボンネット
跳び蹴りでへこんだドアやボンネット
折れたワイパー
折れたワイパー

運転手:
理由が知りたいですよね。なんで蹴ってきたの?っていうのが。むしゃくしゃしてやったと言うんだったらひどくないですか。

警察は男性からの被害届の提出を受け、器物損壊事件として捜査している。

(「イット!」9月20日放送分より)