FNNのまとめによると、19日、新たに、全国で3万8057人が、新型コロナウイルスに感染していることが分かった。1日の全国の感染者数が5万人を下回るのは、7月11日以来、およそ2カ月ぶり。

今月14日に開かれた、厚生労働省にコロナ対策を進言する専門家会議では、全国の新規感染者数について、「すべての地域で減少が継続している」との見解が示された。また、第6波のピークだった今年2月と、ほぼ同じレベルまで、感染者数が減少しているという。

東京都では、19日、新たに4069 人の新型コロナウイルス感染が確認された。先週の月曜日から1585人減った。都内で、1日の感染者数が、5000人を下回るのは7月4日以来、およそ2か月半ぶり。

また、神奈川県は2942人、埼玉県は2935人、千葉県は2124人、大阪府は2328人、愛知県は1844人だった。