ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍から奪還した東部地域で、拷問が行われたとみられる施設が複数見つかったと明らかにした。

ゼレンスキー大統領は17日、ロシアから奪還したイジュームなど東部ハルキウ州の複数の街で、ロシア軍が拷問を行ったとみられる施設が、10カ所以上発見されたと述べた。

鉄道の駅に拷問用の部屋があるなど、拷問が日常的な場所でも広く行われていたと、ロシアを非難した。

そのうえで、残虐行為を行ったロシア軍の身元を国際法廷で明らかにするとして、追及していく考えを強調した。