大型で猛烈な台風14号は、伊勢湾台風級の勢力で日本に接近していて、気象庁は最大級の警戒を呼びかけています。

気象庁(17日午前11時緊急会見)
「大型で猛烈な台風14号は18日朝から夜にかけて鹿児島県にかなり接近、または上陸し、その後九州北部地方に上陸する恐れがあります。経験したことのない暴風・高波・高潮記録的な大雨の恐れがあります」

台風14号は午後5時現在、南大東島の北東を1時間に約20キロの速さで北西に進んでいると推定されます。

県内には20日午前に最も接近する見込みですが、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込む影響で、まもなく雨が降り始める見込みです。

18日午後6時からの24時間雨量は300ミリから400ミリ、波の高さは最大6メートルと予想されていて、気象庁は台風の進路次第では西日本・東日本でもかなり危険な状況になるため、早め早めの避難を呼びかけています。