北朝鮮が拉致を認めて謝罪した日朝首脳会談から20年となる17日、岸田首相は、2002年の被害者5人の帰国以降、「一人の拉致被害者の帰国も実現していないことは痛恨の極みだ」と述べた。

岸田首相は、訪問先の福島・南相馬市で記者団の取材に応じ、「2002年に5人の拉致被害者の方々が帰国されて以来、一人の拉致被害者の帰国も実現していないということについては、痛恨の極みである」と述べた。

また、岸田首相は「日朝平壌宣言に基づいて、拉致・核・ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、国交正常化を目指す」との日本の基本方針を改めて強調。

その上で、「条件を付けずに金正恩委員長と直接向き合う決意を述べてきているが、あらゆるチャンスを逃すことなく全力で行動をしていかなければならない」との強い思いを述べた。