岸田首相は17日、国際研究教育機構の設置が決まった福島・浪江町の予定地を視察した。

「福島国際研究教育機構」は、ロボットやエネルギーなどの分野における研究開発と産業化を目指すもので、16日に、政府の復興推進会議で、立地場所を浪江町とすることが正式決定した。

予定地で吉田栄光町長らから説明を受けた岸田首相は、「好条件だと実感した。多くの関係者のこれからの努力に心から期待する」と述べた。

その上で、「研究成果を地元ともに、福島県内、日本全国、世界に向けて、広域的に広げる努力をすることが重要だ」と強調した。