埼玉・富士見市立水谷東小学校の教師の女が、給食のカレーに漂白剤を混ぜた疑いで逮捕された。犯行の動機は「担任を外され悔しかったから」という身勝手なものだった。

この記事の画像(17枚)

児童の食べるカレーに教師が漂白剤を混入

事件があった富士見市の教育委員会は、9月16日午後5時すぎに会見を開いた。

富士見市教育委員会・山口武士教育長
子どもの命・安全を守る責任にある教員が、このような事故を起こし逮捕されたことは絶対にあってはならないことであり、教育長として大変深刻に受け止めております。このたびは誠に申し訳ございませんでした

会見の冒頭、教育長は教師が児童の安全を大きく損ないかねない行為に及んだとして謝罪した。

給食のカレーに漂白剤を混ぜた疑いで逮捕されたのは、小学校教師の半沢彩奈容疑者(24)。

事件は9月15日、富士見市立水谷東小学校で起きた。狙われたのは6年生のクラスだった。

教室前に置かれたカレー鍋…児童が異変に気付く

取材に基づいた事件の経緯は次の通り。

給食当番の児童が、この日の献立にあったカレー約20人分の鍋のふたを開けた時、異変に気づいた。

「変なにおいがする」

カレーのスパイスとは異なる、鼻にツーンと来る刺激臭がしたという。

カレーは給食センターが調理したもので、午前11時15分ごろには給食センターの職員によって、教室前の廊下に置かれた。

半沢容疑者は、鍋が教室に運び込まれる午後0時20分までの約1時間の間に、塩素系漂白剤をカレーに混入した疑いが持たれている。

半沢容疑者の犯行と特定された経緯

では、どのようにして半沢容疑者の犯行と特定されたのだろうか?

まず学校から連絡を受けた給食センターが調べたところ、他の学校からの被害は報告されなかった

一方、カレーの異臭騒ぎを受けた学校側は教師らに確認作業を行った。ところが、この作業に半沢容疑者だけが応じないなど不審な行動があったという。

そこで、学校側が半沢容疑者に聞き取りを行ったところ、「漂白剤を入れました」と混入を認めたという。

警察が学校の中を調べると、普段使われていない教室で、ほぼ空の状態の漂白剤の容器が見つかったという。

今回、半沢容疑者が漂白剤を入れたのは、昨年度まで半沢容疑者が担任として受け持っていたクラスだった。

自分の教え子を狙ったともとれる今回の犯行。これまでの調べに対して、半沢容疑者は「担任を外されて悔しかったからやった」と供述し、容疑を認めている。

「担任続けたかった」と周囲に相談

事件のあった小学校に子どもを通わせている保護者は、半沢容疑者について次のように話している。

この小学校に子どもが通う保護者:
“噂の先生”じゃんって思って。良い噂は聞かなかった…

一方、市の教育委員会は半沢容疑者の勤務態度について、研究熱心でこれまでに大きな問題なかったという。また担任の交代についても「通常の人事配置によるものだった」と回答。その上で、半沢容疑者は担任を外されたことについて周囲に次のように話していたという。

富士見市教育委員会・山口武士教育長:
不満という言葉が該当するのかどうかは、私、そこまで聞き及んではおりませんけれども「担任を続けて持ちたかった」という思いで、相談を何人かの先生や教頭先生にはお話があったようでございます

日本中毒情報センターの調査によると、仮に漂白剤が混入したものを飲み込んだ場合、のどから胃の辺りまでがただれ、痛みや吐き気、嘔吐などの症状が出る可能性があるという。

今回は誰も口にしておらず、直接的な健康被害はなかったが別の影響が出た。

この小学校では6年生の児童が16日から修学旅行の予定だったが、今回の事件を受けて急きょ延期になった。

警察は、学校の人事に対する不満をなぜ児童にぶつけようとしたのかなど、犯行に至る経緯を詳しく調べている。

教育学部の定員が減らされた弊害も

イット!のスタジオでは、コメンテーターで教育学が専門の明治大学教授の齋藤孝さんに話を聞いた。

加藤綾子キャスター:
本当に子どもたちに何事もなくて良かったなと思いますけれども、子どもたちの安全を守らなくてはいけない立場で、このような信じられない行動ということですよね。こういう人が教員免許を持てているということも問題があるように思いますし、もし自分の子どもを預けるとなったら不安で仕方ないですよね?

明治大学教授・齋藤孝さん:
本当に恐ろしいですよね。担任を続けたかったのであれば、なぜ、その担任していた子どもたちを狙うようなことをしたのかという動機も理解できないですし、教育に携わってはいけない人ですよね。実は、教員の就職時の平均倍率は2.5倍くらいなんです。低すぎるんですね。これは国が国立大学の教育学部の定員を減らしたからなんです。もう一度定員を増やして競争率を上げて、教員全体の質を上げていくことが必要ですね

(イット!9月16日放送より)