自民党の二階元幹事長は16日、CS番組の収録で、安倍元首相の国葬をめぐって世論が二分していることについて、「みんな黙って手を合わせて見送ってあげたらいい」と述べた。

二階氏は、国葬に対する反対論について、「終わったら反対していた人たちも、必ず良かったと思うはず。日本人なら」と強調した。

さらに、「長年つとめた首相が亡くなったのだから、みんな黙って手を合わせて見送ってあげたらいい」とした上で、「国葬がどうだとか、こんな時に議論すべきではない。控えるべきだ」と述べた。

国葬については、立憲民主党や共産党などが執行部などの欠席を決めているが、「欠席する人は、後々、長く反省するだろう。欠席しようがしまいが、国葬には関係ない。世の中にあまり賢くないということを印象づけるだけだ。選挙で取り戻すのは大変だぞ」と述べた。

一方、二階氏は、世論調査での岸田内閣の支持率について、「支持率が低下しているということは、緊張して政局・政治運営にあたれという天の声だ」と指摘した。

さらに、「慎重に来て、安全運転の初歩の段階は、国民に支持されて認められた」とした上で、「安全運転だけでは国民は物足りない。暴走してはいけないが、でも安全運転だけではダメだ」と述べた。