再会を喜び、強く抱きしめ合うウクライナ人の親子。
ロシア軍が侵攻していた国境付近の街で撮影された映像。

東部ハルキウ州では、ウクライナ軍が驚異的なスピードで領土を取り戻している。

戦いの跡が色濃く残る、ロシア軍の重要拠点だったイジューム。

14日には、ウクライナのゼレンスキー大統領が電撃的に訪問。

ロシアから奪還したと表明してから、わずか3日後のこと。

カメラを向けられると、笑顔で写真撮影に応える姿も。

大統領は、「ウクライナの領土は占領できても、国民を占領することは絶対に不可能だ」と述べ、戦いで亡くなった人々に祈りをささげた。

ほかにも、ハルキウ州の街を視察して回ったゼレンスキー大統領。

しかし、この電撃訪問の直後、まさかの事態が起きる。

大統領の報道官が、自身のSNSで、ゼレンスキー大統領の乗った車が、首都キーウで衝突事故に遭ったと明らかにしたのだ。

事故の直後とみられる映像。
何台もの緊急車両が止まり、騒然としている。

ウクライナ政府によると、相手の運転手は、けがをして病院に搬送されたが、大統領にけがはないとしている。