自民党の下村元政調会長は14日、旧統一教会関係者からの陳情を党の公約に反映させるよう指示した疑いがあるとする報道を否定し、「断固抗議し、撤回を求める」と述べた。

自民党・下村元政調会長「統一教会系団体から陳情を受けた事実はなく、党公約に入れろといった指示もしていない」

「文春オンライン」は、下村氏が政調会長だった2021年、「旧統一教会の関連団体幹部から家庭教育支援法等の陳情を受け、党の公約に反映させるよう指示を出した疑いがある」などと報じた。

下村氏は、家庭教育支援法について、「2017年の公約に制定を目指すことがすでに明記されていた」と説明し、「この法案は統一教会本部または関係団体からそもそも要望もされていない」などと事実関係を否定した。