2024年度に統合が決まっている岩手県の福岡工業高校と一戸高校の統合後のあり方を検討する会議が9月14日開かれ、学校名などについて議論しました。
新たな学校名は決定せず、次回以降に持ち越されました。

福岡工業高校と一戸高校の2つの高校は、生徒数の減少などから2024年度に統合することが決定しています。

14日は新しい高校の設立に向けた検討委員会が開かれ、学校名や教育内容などについて協議しました。

このなかで学校名については一般公募で集まった119件から小委員会で絞られた7件が提案されましたが、「学べることが名前から分かる校名がよい」などの意見が出され、再検討されることになりました。

委員からは「ここに行きたいという子たちが行ける学校をメッセージで出せる名前の方が私は良い」などの意見が出されました。

検討委員会 上野光久委員長
「活発な意見がたくさん出たので関心の高さを感じる。意見を十分にくみ取ってまとめていきたい」

次回の検討委員会は10月14日に行われる予定で、校名について議論を重ねていくということです。