100万円被害の男性が執念の追跡。タワーマンションで高級ロードバイクを盗んだ男を現行犯で逮捕した。

同様の手口で盗難され…「絶対に捕まえてやる」

地面に倒れ込み、警察官に囲まれる男。

この記事の画像(15枚)

男は9月11日、東京都中央区のタワーマンションからロードバイクを盗み、現行犯で逮捕された自営業の米山貴之容疑者(42)。

盗まれたのは、50万円相当の高級ロードバイクだった。

カメラに映る逮捕の瞬間。

警察:
自転車取ろうとしたのは間違いない?

男性:
バッグの中に切断用の機械入ってます。ワイヤー切るやつが。

米山容疑者を取り押さえたのは、犯行現場のマンションに住む男性だった。

取り押さえた男性:
(2022年)6月に私が同様の手口でロードバイクを盗難されたことがありまして、絶対に捕まえてやるという気持ちが強かったですね。

鍵を使わない犯人の行動に違和感

9月11日の午後8時ごろ。男性が、自宅マンションの駐輪場に降りるためエレベーターへ。

すると、後からロードバイクのヘルメットを被り、サングラスにマスク姿の米山容疑者が乗り込んできたという。

駐輪場は、鍵をかざさないと入れない。しかし、米山容疑者が鍵を使わずに入ってきたことに、男性は違和感があったという。

不審に思った男性が駐輪場の影から様子を見ていると、迷わずロードバイクの元へ向かった米山容疑者。

そして、器具を取り出し、ロードバイクのチェーンを切断したということだ。

男性が声をかけ捕まえるも、隙を突きバッグを投げ捨てて逃走した米山容疑者。

騒動に気付いた通行人と協力して米山容疑者を取り押さえた。

実はこの男性。2022年6月、同じ駐輪場で販売価格100万円のロードバイクを盗まれる被害に遭っていた。

それだけに、犯人対し強い思いがあった。

取り押さえた男性:
同じような被害にあう人を減らせたというのは一つ気持ちとしてあったというところと、少しでも自分の事件の解決の糸口が見えた。

調べに対し、「売るためだった」と容疑を認めている米山容疑者。警視庁は、男性のロードバイクも米山容疑者が盗んだとみて余罪を調べている。

(「イット!」9月14日放送より)