東京都は、午後3時から、新型コロナウイルスに関する対策本部会議を開き、全ての感染者について、発生届を提出させている、いわゆる「全数把握」を見直すことを、正式に決定した。

「全数把握」をめぐっては、医療現場などの負担となっているとの指摘があり、政府が、今月26日に、全国一律で見直す方針を明らかにしていた。

東京都も、この方針に沿って、今月26日から、医師が提出する発生届の対象を限定する。発生届の対象となるのは、●65歳以上の人 ●入院を要する人 ●重症化リスクがあり、かつ、コロナ治療薬の投与または酸素投与が必要な人 ●妊婦。

一方、発生届の対象とならない感染者については、「陽性者登録センター」を通じて、総数を把握するという。これらの人が体調が急変した場合は、健康観察や医療相談で対応する方針だ。

また、きょうから、新たに、療養期間中にやむを得ず外出する場合はマスクの着用や人混みを避けるよう要請するほか、イベントの参加人数については、「大声なし」は定員通り、「大声あり」は定員の半分とする。

会議で、小池知事は「都民の命と健康を守ることが第一義」と強調した上で、「東京都としても、コロナとの共存に向けた取り組みを進めていく」と述べた。