新型コロナウイルス感染者の全数把握について、東京都が見直す方針を固めたことが分かりました。
きょう午後、最終的な対応策を決定します。

関係者によりますと、感染者の全数把握の見直しについて、東京都も今月26日から見直す方針を固めました。
見直し後に医師が発生届を出すのは、「65歳以上」「重症化しているなどすぐ入院が必要な人」「基礎疾患があり今後入院する可能性がある人」「肥満など重症化リスクがあり治療薬の投与が必要な人」「妊婦」で、これ以外の人については「陽性者登録センター」を通じて総数を把握し、体調が急変した場合は健康観察や医療相談で対応する考えで、きょう午後3時からの対策本部会議で決定します。