東京・葛飾区で起きた上智大生殺害事件から26年となる今月9日、事件現場では、献花が行われ遺族が思いを語りました。

この事件は1996年9月9日、当時上智大学4年の小林 順子さんが、葛飾区の自宅で首を刺されて殺害され、自宅に放火されたものです。

事件は未解決のまま、9日で26年が経ち、現場では遺族が献花に訪れました。順子さんの父・小林賢二さんは、取材に対して、「愛する順子は、あの夢にまで見た海外留学を前に突然命を絶たれ、希望を絶たれました。」「どんな些細な情報でも結構なので、ぜひ勇気を出して、私たち遺族あるいは警察の方にご提供いただきたい」と述べた。

献花の後は、現場近くの柴又駅前で、情報提供を呼びかけるビラ配りが行われ、警視庁は引き続き捜査を続けています。

(フジテレビ社会部・警視庁担当 東田直樹)