静岡・牧之原市で起きたバスの置き去り事件を受け、幼稚園は7日、初めて会見を行う。

河本千奈ちゃん(3)がバスに置き去りにされ、死亡した牧之原市の川崎幼稚園では、7日午前9時半ごろから保護者説明会が行われたが、保護者の泣き叫ぶ声や怒号が聞かれ、体調不良の人のため、救急車がかけつける事態となった。

これまでに千奈ちゃんの死因は「熱射病」と判明していて、警察は7日も、バスの検証を行い、当時の状況を調べている。

また、バスに園児6人がいたことを受けて、職員が紙とタブレット端末に「6人」と入力し、千奈ちゃんはシステム上、「登園」していることになっていた。

幼稚園側はバスに千奈ちゃんがバスに置き去りにされた経緯について、どのような説明をするのか注目される。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

【関連記事】
女児バス置き去り死で保護者説明会 「あり得ない」泣き叫ぶ声や怒号も