新型コロナウイルス感染者の「全数把握」の見直しについて、岸田首相は、きのう、今月26日から、全国一律で、詳しい報告の対象を高齢者など重症化リスクが高い人に限定できるようにする方針を示した。

この方針について、小池知事は、さきほど取材に対して、「東京都としては現場を抱えているので、現場が混乱しないこと、都民が不安にならないよう進めていく」とした上で、「あす専門家家会議があり、専門家や現場の声を拾いながら、対策を講じる」と述べて、あすの専門家会議で、対応を議論することを明らかにした。

小池知事は、これまで、感染者の全数把握について、「感染動向や、患者一人一人の健康状態を把握して、必要な医療につなげていく重要な機能がある」として、当面、継続していく方針を明らかにしていた。