岸田首相は6日、首相官邸で取材に応じ、新型コロナウイルスの感染者の自宅療養期間の短縮を発表した。

岸田首相は、陽性者の自宅療養期間について、「有症状の場合、10日間を7日に短縮する。無症状の場合は、検査と組み合わせて5日間で解除可能とする」と明らかにした。

そして、岸田首相は「ウィズコロナの新たな段階への移行を進め、社会経済活動との両立を強化していく」と強調した。