松野官房長官は9月5日、「桜を見る会」の会場設営を担当していた業者が、安倍元首相の国葬の企画・演出を落札したことに関連して、「特定の業者に便宜をはかった事実は一切無い」と述べた。

27日に行われる安倍元首相の国葬の企画・演出などを1億7600万円で落札したイベント会社が「桜を見る会」の会場設営を担当していたことに関連して、松野官房長官は5日の記者会見で「特定の業者に便宜をはかった事実は一切無い」と述べた。

また松野長官は、所定の手続きのもとで一般競争入札を実施した結果、1社から入札があり落札が決定したことを明らかにした。

この業者を巡っては、岸田首相が4日、新潟市で政府の東日本大震災の慰霊祭や歴代首相の合同葬、故・吉田茂元首相の国葬などを担当しており、「武道館でこうした事業を担うことができる業者は、4社ほどに限られている」とした上で、「正式な手続きのもとに落札された」と強調していた。