自民党の茂木幹事長は3日、宮崎県で講演し、旧統一教会やその関連団体と「一切関係を持たない」とした基本方針について、「党の行動指針にも盛り込み徹底していきたい」と強調した。

茂木幹事長は、旧統一教会と政治の関係をめぐり国民の疑念が高まっているとして、「重く受け止め反省しなければならない」と述べた。

そのうえで、再発防止と信頼回復に向け「事実関係の把握と公表、今後関係を一切持たないことを明確にすること」と、「被害の防止、被害救済に政府を挙げて取り組むこと」の2点を挙げた。

茂木幹事長は政府の被害対策について「消費者庁にとどまらず、法務省も警察も省庁横断的な幅広い検討を求めたい」と述べたほか、自民党内にも新たな小委員会を立ち上げる考えを示した。