「史上最も早い」とされていた関東などの梅雨明けの時期が大幅に見直され当初の発表よりおよそ1カ月後に修正されました。

気象庁は、ことし6月下旬までに関東などほとんどの地域で、速報値として観測史上最も早く梅雨明けを発表していました。

その後、各地で記録的な猛暑となったものの、7月中旬に九州などで大雨になるなど不安定な天気が続いたことについて、「この時期も梅雨に含めることが妥当」と最終的に判断しました。

そして、ほとんどの地域の梅雨明けを当初の発表よりおよそ1カ月遅い7月下旬とする確定値を発表しました。沖縄・奄美地方をのぞいて平年より3日から7日遅い梅雨明けだったことになります。

気象庁は「速報値」と「確定値」がこれほど大きく違うことは前例がないとし、予測技術の向上を図るとしています。