岸田首相は31日、記者会見を行い、旧統一教会と政治の関係について「国民から懸念や疑念の声を頂いており、率直にお詫び申し上げる」と陳謝した。

旧統一教会と自民党所属の国会議員の関係が次々と明るみになる中、岸田首相は31日の記者会見で「国民から引き続き懸念や疑念の声を頂いてる。自民党総裁として、率直にお詫び申し上げる」と陳謝した。

さらに岸田首相は茂木幹事長に対し、「所属国会議員を対象に当該団体との関係性を点検した結果をとりまとめ、公表すること」「所属国会議員は、過去を真摯に反省し、しがらみを捨て、当該団体との関係を断つことを党の基本方針として、徹底すること」「今後、社会的に問題が指摘される団体と関係を持つことがないよう、コンプライアンスチェック体制を強化すること」を指示したことを明らかにした。