警視庁と佐川急便は、大雨などの水害に備え、警察車両の待避場所として駐車場を提供する協定を結んだ。

警視庁大井警察署と佐川急便関東支店は8月30日、台風やゲリラ豪雨が起きた時に、警察車両の退避場所として、佐川急便の駐車場を貸し出す協定を結んだ。

東京・品川区のハザードマップでは、大雨時の浸水が予想される地域が多く、道路の冠水や水没に備え今回の締結に至った。

大井警察署長は「心強いパートナーと災害に強い街作りを推進したい」としている。