FNNのまとめによると、きょう午後6時時点で、全国で確認された新型コロナウイルスの新規感染者が、9万5916人となったことがわかった。全国の1日の感染者数が10万人を下回るのは、7月19日以来、およそ40日ぶり。

東京都ではきょう、新たに9880人の感染が確認された。都内で1日の感染者数が1万人を下回るのは、7月11日以来およそ1か月半ぶりだ。そのほかに、神奈川県で7203人、福岡県で5729人、埼玉県で5419人、大阪府で5290人などとなっている。週明けの月曜日は、比較的、感染者数が低くなる傾向にあるが、きょうは1万人を超えた自治体はなかった。

一方、全国の自治体できょう新たに報告された死者数は、午後6時時点で合わせて219人にのぼった。東京都では、今月最多の30人の死亡が確認された。全国の1日の死者数が200人を上回るのは、15日連続で、依然、高い水準で推移している。過去の流行期を見ると、死者数のピークは、感染者数のピークよりも遅れてくる傾向にある。今後も、全国の死者数は増加傾向が続く恐れがある。