覚せい剤事件で逮捕・起訴された、元アイドルの田中聖被告(36)が、なぜか、保釈されていない。千葉地裁松戸支部は、今月25日、保釈を認める決定をした。検察側の準抗告も退けられた。いつ保釈されてもおかしくないのに、30日朝の時点で、まだ「シャバ」に出て来ていない。その理由を推測してみたい。

駅で職務質問 見つかった覚醒剤

まず、今回の事件を振り返ろう。田中被告は、6月29日、千葉県柏市の柏駅で覚醒剤を所持していたところを現行犯逮捕された。パトロール中の警察官に対して、目をそらすなど不審な態度をとったことから、職務質問を受け、所持品検査の結果、覚醒剤が見つかったという。

送検される田中聖被告(36)(7月1日 柏署)
送検される田中聖被告(36)(7月1日 柏署)
この記事の画像(22枚)

さらに、尿鑑定の結果、覚醒剤の陽性反応が出たため、覚醒剤使用の疑いで再逮捕された。田中被告は、覚醒剤とともに、使用済みの吸引器具(ガラスパイプ)も持っていたという。千葉地検松戸支部は、7月29日までに、田中被告を、覚醒剤所持・使用の罪で起訴した(以下、「千葉事件」と呼ぶ)。柏市内には、田中被告の実家があるという。

千葉県警柏署の調べに対して、田中被告は、「自分で使うために持っていた」などと事実関係を認めていた他、覚醒剤を使っていた動機については、「将来の不安を紛らわせるためだった」などと話していたとされる。

執行猶予判決9日後に再び でも保釈許可

田中被告をめぐっては、今年1月、名古屋市内のホテルで覚醒剤を所持するなどして逮捕・起訴され、6月20日、名古屋地裁で、懲役1年8カ月・執行猶予3年の判決を受けたばかりだった(以下、「名古屋事件」と呼ぶ)。この判決から、わずか9日後に、また薬物事件で逮捕されたことになる。

「名古屋事件」で保釈された田中聖被告(今年3月 愛知県警中署)
「名古屋事件」で保釈された田中聖被告(今年3月 愛知県警中署)

実は、「千葉事件」で起訴された田中被告は、2回、保釈を請求していたが、いずれも認められなかった。執行猶予判決の直後に、再び薬物事件で逮捕された訳で、”裁判官”の面目は丸つぶれ。「裁判所を怒らせたのだから、保釈は無理だろう」そう思われていた。

ところが、千葉地裁松戸支部は、今月25日、田中被告の保釈を許可した。3回目の保釈請求が認められたのだ。やっとの思いで保釈を勝ち取ったことになるが、なぜ、田中被告は、すぐに柏署から出てこないのか。その理由を推測すると、2つの”可能性”が浮上した。

「お金がない」から外に出られず?

1つ目は「お金がない」。今回の田中被告に対する保釈保証金は600万円。内訳は、覚せい剤使用が300万円、所持が300万円だ。そもそも保釈保証金は、「罪の重さ・罪質」と「資産状況」などで決まるとされる。

「名古屋事件」で送検される田中被告(今年2月 愛知県警中署)
「名古屋事件」で送検される田中被告(今年2月 愛知県警中署)

脱税などの経済事件の保釈保証金は、比較的、高額になる。何億円、何十億円という金額も珍しくはない。では、田中被告に求められている、保釈保証金600万円は、高いのか、低いのか。実は、初犯ではないと言え、高額の部類に入るのだ。

過去の事件を振り返ると、あの有名スポーツ選手でさえ、保釈保証金は500万円だった。それを上回っているのだから、やはり高額と言えるだろう。ただ、田中被告にとって、全く払えない金額ではない(なお、名古屋事件での保釈保証金は300万円だった)。

保釈保証金の額は、裁判所と弁護士の”交渉”で決まるとされる。だから、まるっきり払えないような高額にはならない。ただ、保釈保証金の納付は、原則、現金だ(小切手のケースもある)。この”現金払い”が、難航するとされる。

田中被告の保釈保証金は、名古屋事件は300万円、千葉事件では600万円だった。
田中被告の保釈保証金は、名古屋事件は300万円、千葉事件では600万円だった。

ある弁護士によると、株や不動産などの資産を持っている人でも、”意外”と、まとまった現金を持っていないこともあるそうだ。過去には、保釈保証金に当てる現金をかき集めるのに、時間を要した事件もあった。保釈保証金500万円を、分割で納付した元女性アイドルもいた。だから、田中被告も、”現金払い”に苦労している可能性はある。

薬物治療の”病室待ち”か

田中被告が、中々、保釈されない理由の2つ目は「薬物治療」だ。裁判前に、2回の保釈請求が却下された被告は、通常、裁判が始まるまで(もしくは、裁判の事前協議が進むまで)、保釈は認めれないものだ。

ところが、田中被告は3回目で認められた。起訴から、1カ月弱しか経っていないのに。となると、弁護士が、裁判官に対して、保釈を認めさせるための”条件”を提示した可能性が浮上する。それが、薬物治療なのではないか。

田中被告は、保釈請求3回目で、やっと保釈が認められた。
田中被告は、保釈請求3回目で、やっと保釈が認められた。

「薬物治療に臨むため、早く保釈を認めて欲しい」そう弁護士が持ちかけたとすれば、裁判官も無視はできないだろう。ただ、裁判官を納得させるためには、専門の医療機関に入る必要がある。その病室の”空き”を待つために、あえて保釈されていないことはあり得る。

過去にも、保釈の条件として、薬物治療を提示したケースは、少なからずあった。ある大物ミュージシャンも、保釈後、その足で、専門の医療機関に直行した。私の記憶では、薬物治療のための病室が、中々、空かなかったため、保釈時期が遅れた有名人もいた。田中被告側が、保釈の”切り札”として、「薬物治療」を提示した可能性はゼロではないだろう。

末尾で、恐縮だが、本稿で挙げた「お金がない」「薬物治療」は、あくまでも、記者の経験に基づく推測である。田中被告が保釈された後、その真相が明らかになれば、改めて詳報するつもりだ。

(フジテレビ報道局・解説委員 平松秀敏)