文部科学省の幹部6人が、不適切な接待を受けたとして懲戒処分を受けた。

文科省は26日、全日本私立幼稚園連合会の業務上横領事件を巡り、逮捕・起訴された前会長らから不適切な飲食接待を受けていたとして、官房長など幹部6人を減給の懲戒処分にしたと発表した。

国家公務員の倫理規定では「利害関係者」から接待を受けることは禁じられているが、官房長は2回の会食で合わせて約64000円の接待を受けていたという。

文科省では2018年にも幹部が接待などで懲戒処分されていて、永岡文科相は「極めて遺憾で、心よりお詫び申し上げる」と謝罪した。