「暴行はしていない」事件発覚のきっかけは

8月24日朝、表情を変えることなく、警察の車から降りてきた男。傷害致死の疑いで逮捕された内田正也容疑者(30)だ。

この記事の画像(6枚)

事件は2018年1月23日午前10時ごろ、横浜市鶴見区の集合住宅で起きた。

内田容疑者は、一緒に住んでいた当時4歳の紺野叶志郎(きょうしろう)ちゃんを暴行し、死亡させたとみられている。叶志郎ちゃんは、2日後の25日に入院先の病院で死亡。死因は急性硬膜下血種、外傷性くも膜下出血だった。

事件が起きた横浜市鶴見区の集合住宅
事件が起きた横浜市鶴見区の集合住宅

犯行後に自ら救急車を呼んだという内田容疑者。事件発覚のきっかけは、叶志郎ちゃんが運ばれた病院から警察にあった「虐待の可能性が疑われる」という通報だった。

警察によると当時、内田容疑者は交際相手の女性と叶志郎ちゃんの3人で暮らしていた。

普段の様子について、近くに住む人はこう話す。

近隣住民:
(内田容疑者は)人当たりは良かったですよ。子どものことはみんなやっていた。車を改造するのが好きでよくやっていた。

内田容疑者は調べに対し「暴行はしていません」と容疑を否認している。

(「イット!」 8月24日放送)