東京都の新型コロナの感染者に千葉県がオンラインで登録を受け付けた感染者が含まれていた問題で、この他に大阪・埼玉・新潟の3府県の感染者も含まれていたことが新たにわかった。

東京都の新型コロナの新規感染者には、千葉県がオンラインで診断する「陽性者登録センター」で受け付けた感染者が含まれていたことが明らかになっている。都によると、8月19日に確認された都内の新規感染者2万7676人のうち、千葉県内として3180人が入っていたが、この他に大阪・埼玉・新潟の3府県で約1200人の感染者も含まれていたという。

これは、登録センターの業務を行っていた都内の医療機関が、法律に基づき最寄りの保健所に感染者を報告していたことによるもので、都は新規感染者に都外の感染者がどれくらい含まれているのか詳しく調べている。