赤信号を無視した車が、横断歩道を渡っていた園児7人をはねた事故。逮捕された女の呼気からは、若干のアルコールが検知された。

この記事の画像(7枚)

事故は19日午前9時20分ごろ、沖縄・宜野湾市の交差点で発生。

赤信号を無視して直進してきた軽乗用車が、青信号の横断歩道を渡っていた保育園の園児7人を乗せた手押し車に衝突した。

事故直後に撮影された写真には、路上に座る子どもの隣に保育士とみられる女性が寄り添うように座っている。

目撃者A:
音はバンッていう、バンパーが当たった音がしました。そしたら子どもたちがひかれている状態だった。

目撃者B:
ちょうど事故直後で、横断歩道の上に白い軽自動車が斜めにとまっている状態で、子どもたちはこちらの方に集まっていて、みんなが泣いている状態。次々に救急車も来て運ばれていました。

目撃者C:
(手押し車は)鉄骨でできた、重量感があるやつ。それがパーンとひっくり返されるくらいの衝撃で…

実際に園児たちが乗っていた手押し車は、鉄製で頑丈な作り。

警察や消防によると、救急搬送されたのは1歳から2歳の園児7人で、擦り傷などのけがをしているものの7人全員意識があるという。

軽乗用車は、赤信号を無視して交差点に進入しており、警察は運転していた中城村の池原優香容疑者(21)を過失運転致傷の現行犯で逮捕した。

警察は当時の詳しい状況など、事故原因を調べている。

(「イット!」8月19日放送分より)