宮内庁ナンバーツーの次長が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

宮内庁によりますと、池田憲治次長は今月15日、発熱や喉の違和感などの症状があり、16日医療機関で抗原検査を受けた結果、陽性であることが確認されたということです。

感染経路は不明で現在も37度台の熱などの症状があるということです。

池田次長は天皇皇后両陛下や皇族方との接触は無く、25日まで自宅で療養する見通しだということです。