8月16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、約3カ月ぶりに節目の3万4000ドルを回復した。

小売りのウォルマートと住宅用品販売のホーム・デポの四半期決算が市場予想を上回り、大幅高となった。

一方、長期金利の上昇を背景に割高感が意識されたIT株が売られ、相場の重しとなった。

ダウ平均は前日比239ドル57セント高の3万4152ドル01セントで取引を終えた。

一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は3営業日ぶりに反落し、25.50ポイント安の1万3102.55で終えた。