加藤・新厚生労働大臣は、全国知事会などが求める新型コロナ感染者の全数把握の見直しについて、検討を前向きに進めていきたい考えを示しました。

知事会によりますと、就任後初となる協議で、事務的負担の大きい全数把握について、第7波収束を待たずに見直すよう申し入れを受けた加藤大臣は、「対象の見直し含めた検討はなし得る」と応じました。

時期や見直しの詳細には触れず、「感染者の行動抑制のあり方」など課題を挙げた上で、今後、知事会や、同様の要求をしている日本医師会などとも協議を進めていきたい意向を示しました。