探査機はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」から持ち帰った砂粒を分析した結果、生命や水の起源となる有機物が鉱物に守られていたことで、変質せず地球に運ばれてきた可能性があると海洋研究開発機構などの研究チームが発表しました。

研究チームによりますと、小惑星「リュウグウ」から持ち帰った砂粒を分析した結果、含水ケイ酸塩という鉱物の粗い粒が集まった構造があり、そこに有機物が多く含まれていることがわかったということです。

提供:JAMSTEC / Phase2キュレーション高知
提供:JAMSTEC / Phase2キュレーション高知
この記事の画像(4枚)

研究チームは、この粗い粒の構造が、生命や水の起源となる有機物を守る「ゆりかご」のような役割を果たしたため、有機物は変質せずそのままの状態で、遠く離れた太陽系の外側から地球まで運ばれた可能性があるとしています。

海洋機構の伊藤元雄 主任研究員は、「地球に存在する有機物や水の起源に迫れるかもしれない」と話しています。

(画像提供:JAMSTEC / Phase2キュレーション高知)