カッとなり妻を殺害か?母子3人死亡で42歳の夫が逮捕された。

刺殺、絞殺 母子3人殺害の夫が逮捕

警察車両に乗り込む短髪の男。妻を殺害した疑いで逮捕・送検された、田中大介容疑者(42)だ。

この記事の画像(8枚)

愛知県内の山林から2人の子どもも遺体で発見された、母子3人の殺人事件。家族の間に何が起きたのか?

事件が明らかになったのは8月9日、愛知・犬山市の山林で放置されていた田中容疑者の車から、小学4年生の長女・千結さん(9)と1年生の長男・十楽くん(6)が、いずれも遺体で見つかった。

発見時、後部座席に折り重なるように横たわっていた2人。千結さんは胸を刺され、十楽くんは首を絞められて殺害されたとみられている。

その後、田中容疑者の自宅で首を絞められて殺害された妻・智子さん(42)の遺体が見つかった。

近くに住む人は事件前の様子をこう話す。

近隣住民:
お父さん(田中容疑者)も優しいニコニコして、お母さんも品が良くて静かな人だった。絵に描いたような本当に仲の良い家族。

その後の調べで、遺体の状況などから妻・智子さんが先に殺害され、2人の子供たちを車で連れ出した疑いがあることが分かった。

「カッとなって殺した」自殺を図ろうとした形跡

杉山真一アナウンサー:
きょうだい2人の遺体が見つかった現場から3キロほど離れた入鹿池に架かる橋の上から、田中容疑者は親族に電話をかけました。

8月13日、そのまま親族に付き添われ、出頭した田中容疑者。橋の下にはたき火の跡がある。

出頭時、首などに複数の切り傷があったといい、「自分で傷をつけた」と話していることから、自殺を図ろうとした可能性があるとみられる。

調べに対し、田中容疑者は智子さんの殺害を認め、その動機について「妻と口論となりカッとなって殺した」と話している。さらに、2人の子供の殺害についてもほのめかしているという。

(「イット!」8月15日放送)