8日未明、長野県中部を震源とする地震が発生し、松本市安曇などで震度1を観測しました。一連の地震は先月22日から74回にのぼり、長野地方気象台は「地震活動が継続する恐れがあり、注意してほしい」としています。

8日午前3時26分頃、長野県中部を震源とする地震がありました。震源の深さはごく浅く、マグニチュードは3.4と推定されています。この地震で松本市安曇、松本市奈川、山形村役場、朝日村役場などで震度1を観測しました。

ほぼ同じ震源と見られる一連の地震は先月22日から続いていて、23日には松本市安曇で震度4の揺れを観測しました。地震の回数は、きょう8日午後1時までに74回にのぼっています。今月に入り地震の回数や規模は低下していますが、長野地方気象台は「地震活動は継続する恐れがあり、引き続き注意してほしい」としています。

また震源に近い焼岳の火山活動については「特段の変化は見られない」としています。