首都圏を直撃した台風8号により、沿岸部を中心に激しい雨が降り、お盆休みの観光地にも影響が出た。

台風は静岡県に上陸後、神奈川県や千葉県を通過し、14日午前3時時点で、三陸沖を1時間におよそ45kmの速さで北東へ進んでいる。

東京・伊豆大島では13日夜、1時間に84.5mmの猛烈な雨が降り、伊豆諸島北部に線状降水帯発生情報が出された。

お盆休みを直撃した台風は、観光地にも影響を及ぼし、神奈川県・箱根ではロープウェーや遊覧船が運休し、訪れた観光客の落胆する姿が見られた。

女の子「ロープウェー乗りたかったけど、乗れなくて残念」

一方、各交通機関は、14日がUターンラッシュのピークで、東名高速では、最大およそ50kmの渋滞が予想されている。

最新の交通情報に注意が必要。