普天間基地の移設計画を巡り、沖縄防衛局の設計変更を不承認とした県の処分を国が取り消したことは違法だとして、12日県が国を提訴しました。

設計変更の不承認を国土交通省が取り消したことについて、玉城知事は「裁決と同時に承認するよう勧告してきた事から公正中立な審査庁としての地位を著しく濫用したものだ」と批判しました。

その上で県の審査の申し出を却下した国地方係争処理員会の決定に不服があるとして、12日福岡高等裁判所那覇支部に提訴しました。

一方、移設問題を巡る県と国の裁判が10件目となることに会見では裁判によって普天間基地の危険性が放置されていないかという質問が飛びました。

玉城知事「1日も早い危険性の除去を行えるのは政府の立場ですから、そのことは政府の考え筆頭で米側と協議を始めることはいつでも出来ることですしそれと裁判は全く関連性は無いという事は指摘しておきたいと思います。」

国が私人になりすまして地方に関与することがまかりとおるのか、今回の裁判は沖縄だけの問題だけでなく全国の地方公共団体にとっても大きな問題だと強調しました。