県内では12日、新たに3605人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。また県は自宅療養者を含む2人が死亡したと発表しました。

12日県内では新たに3605人の感染が確認され、新型コロナ専用の病床使用率は県全体で92.9%とこれまでで最も高くなっています。

また県は2人の死亡を発表し、このうち1人は中部保健所管内に住む30代の男性で、先月7日に陽性が判明し自宅で療養していましたが、15日に死亡が確認されました。

男性は療養開始直後から、自動音声による健康観察の電話で「息苦しさや、ぼんやりする」と入力していたため県が直接電話をかけましたがつながらない状況が続き、その後警察から県に男性の死亡を確認したと連絡があったということです。

県は感染者が急増し、全員に丁寧な健康観察を行うことが難しくなっている。高齢者など重症化リスクの高い患者を優先せざるを得なかったとしています。