河野太郎デジタル担当大臣が、きょう午前、就任会見に臨んだ。消費者問題担当も兼務している河野大臣は、会見の中で、旧統一教会をめぐって問題となっている「霊感商法」について、検討会を立ち上げると表明した。

河野大臣は、会見で、霊感商法の問題点について、消費者契約法の中では、デート商法などと横並びで、規制の対象となっていものの、最近は「寄付のほうが主流になっている」との認識を示した。

その上で、けさ、検討会の発足について、消費者庁に指示したことを明らかにした。そして、検討会の必要性について、「これだけ、さまざま問題視されているので、もう一度、きちんと対応する必要がある。消費者が安心できるよう対応したい」と強調した。検討会の形式等については、今後、消費者庁の中で議論されるという。